Podcast 第3回「まったり」本を読みたいな~。

こちらの内容はPODCAST「日本語って!」でお聞きいただけます。




こんばんは。えりこです。

もう10月も半ばですね。日本は秋ですよ。

秋と言えば~、なんだと思いますか。

ちなみに「秋と言えば」の「~といえば」は 日本語能力試験 JLPT N3の文法です。

「~について話したら、最初に思い出すものはこれだ!」とか、

「代表的なものはこれだ!」と言いたいときに使いますね。

私にとって、日本の秋と言えば、紅葉ですね。

綺麗な赤や黄色に色づいた葉っぱを見てると、

心が洗われるような気持ちになりますね。

あと、秋と言えばおいしいものがたくさんあるので、

「食欲の秋」とも言われていますね。

みなさんは、秋の旬の食べ物って言うと、

どんなものが思い浮かびますか。

私はすでにもう頭の中にたくさん浮かんでますけれども。

例えば、たけのこ、松茸、栗、魚の秋刀魚、

さつまいも、かぼちゃ、えと~、かき、柿ですね。

かきだったら海のオイスターになっちゃう。

柿、いちじく…たくさんありますよね。

きりがないから、このぐらいにしておきましょう。


あと、「食欲の秋」だけでなく、「読書の秋」と言われることもありますよね。

暑さ寒さに邪魔されることなく、

おいしいコーヒーを飲みながら「まったり」本を読みたいですよね。

さて、今日、紹介したい言葉は、「まったり」です。

実はね、この言葉は私はもちろん私の周りの人もよく使っているので、

俗語だったという意識はなかったんですけど、

もともとは関西弁で味を表現する言葉として使われていたそうです。


さらに1990年代の後半から若者言葉として全国的にひろがっています。

そのときから意味が広がって「のんびりと落ち着いた様子や気分」に使われるようになりました。

わたしは関西人なので、味にも気分にも「まったり」をけっこう使うんですけれど、